日本の介護現場を
VRで体験学習。

介護技能実習評価試験に基づいたVRコンテンツにより
日本式介護トレーニングをVR体験+振り返り学習することで、
外国人・新人介護スタッフの早期人材育成を図ります。

日本e-Learning大賞受賞

介護・VRトレーニング関連サービスでは初の
最高賞を受賞いたしました。

VRで介護教育の課題を解決

現在、施設利用者は増え続け
介護職員の需要も増加しています。
しかし、充分な教育を
外国人・介護スタッフに提供することは
難しいのが現状です。

課題 1

座学では効果的に
学べない

介護経験がない育成対象者に、介護ノウハウをテキストや口頭の説明だけで理解させることは難しい。

課題 2

教師のレベルが
バラバラ

教師のバックグラウンド・レベルがさまざまな中で、育成対象者全員に同じ教育を提供することは困難。

課題 3

技能習得に時間が
かかる

日本式介護の概念から介護技術までを丁寧に教育するためには、多くの時間と人的負担がかかる。

サービスの特徴

短い学習時間で効果的

VRはテキストや2Dなどとは異なり、百間は一見に如かずの言葉通り、没入感や臨場感を伴った現場体験の感覚で、いつでもどこでも誰でも集中して学習できるメリットがあります。

介護職員と利用者の
両方の立場を体験

問題場面を両者の立場から体験。成功と失敗両方の体験を通して気づきや学びにつなげます。言葉やテキストでは学びにくい介護の暗黙知を、イメージしながら簡単に習得することができます。

ユーザーの高い満足度

VR学習は楽しくわかりやすく習得率も早いため、生徒の満足度も高くなります。また、VR授業を行うことで他社教育施設との差別化を図ることができ、集客や採用ブランディングにもつながります。

学習できる内容

日本式介護
とは

自立支援介護とやりすぎ介護の違いなど
日本特有の介護概念をVRで体験

基礎介護
技術

基本的な介助技術を
VRで繰り返しトレーニング

コミュニ
ケーション

テキストや言語では伝わりにくい
暗黙知であるコミュニケーションの
ポイントなどを学習

監修パートナー

APSはベトナムのハノイに日本式介護の基礎教育を行う学校をつくりました。しかし、従来の教育方法では限られた時間の中で膨大なカリキュラムを消化することに無理がありました。VRを活用した学習では集中的な講義と同様の効果を得ることができ、時間の短縮とクオリティの維持に非常に有効的です。また、ベトナムで事前に日本との文化の違いをバーチャルで体験することは、日本での生活のスムーズな導入につながります。

社会医療法人愛仁会
本部統括部長坪 茂典

大阪A・P・S コンソーシアム

介護現場では人材の流動性が高く、そのことが介護施設運営における大きなリスクのひとつとなっています。人が足りないことから人材育成ができず、育成されないまま現場に入る不安によってストレスがかかり離職する、という悪循環が生まれている現場が多くあります。ケアブルではVRによる仮想体験を通じて人材育成の効率化を図ります。人材不足の中でもしっかりと教育することで職員の不安を解消し、より良い職場環境をつくり出すお手伝いができればと考えています。

社会福祉法人善光会
サンタフェ総合研究所所長
事業戦略室室長松村昌哉

ZENKOUKAI

お知らせ

一覧へ

販売代理店募集

ケアブルでは介護施設様や教育事業者様に 販売協力頂けるパートナー様を募集しております。
詳細をお知りになりたい法人様は こちらよりお問い合わせください。
(現在は募集を一時停止しております)

注意事項

本サービスは、VRコンテンツの体験時間やVRを活用したプログラムの設計など、目の疲労を考慮したサービス設計になっております。VRゴーグルを着用しての本サービスのご利用は休憩時間等に注意してご利用ください。

専門医の判断

○斜視やその他視力の異常や眼科的疾患のある方や、眼科に通院されている方は専門医に相談の上ご利用ください。
○ご利用後に視力の異常が見られた場合、早急に専門医に受診してください。

VRゴーグルを着用してのご利用

7歳以上の
お子さま

連続20分のご利用に
対し15分程度の休憩

多様な体験方法

目の疲労状況に応じて、タブレットや一眼ディスプレイVRゴーグルによる体験も可能です。