海外送出機関向け

海外現地で学ぶ生徒に日本の介護現場をVRで体験学習させる教育ツールです。
講師不足の問題、また講師による授業の質のバラツキをなくし教育の標準化が可能です。

教育のハードルが高く
送り出しが困難

日本へ人材を派遣するためには
事前教育が求められますが、
現地での教育には3つのハードルがあります。

言葉の壁

学校の授業がテーマによっては日本語のため、生徒は細かいニュアンスを理解しにくく学習スピードが遅くなる。

文化の違い

「介護」をはじめとした日本社会特有のテーマは生徒にとってほとんど馴染みがないため、ゼロから教える必要がある。

講師のバラツキ

十分に教えられる講師が少ないため、一定期間に学習できる生徒数が限られている。

VR学習が海外送出機関で
導入されている理由

理由 1

言語の壁を超え
体験で教えられる

言語に頼らず見る・体験する
という学習方法なので、文章や
テキストでは伝わらない暗黙知などを
イメージで習得できます。

理由 2

日本式介護を
早く教育できる

VRを使うと介護スキルだけではなく
高齢者の目つきや気持ちが
よく分かるようになるため、
早く理解し覚えることができます。

理由 3

教育レベルの
底上げと均一化

VR内では体験と同時に
解説や説明があるため、
同じ内容をより多くの生徒に
教えることが可能になります。

理由 4

多くの生徒を
送り出せる

早く技術や知識が身につくため、
短期間でより多くの生徒を
日本へ送り出すことができます。

コンテンツ紹介

介護研修実習評価制度に基づいた
コンテンツを用意しております。

日本式介護の概念

内容例

自立支援に向けた介護

自立支援に向けた介護とやりすぎ介護の違いを体験学習

 

認知症理解

認知症の周辺症状を体験

介護技術と知識

内容例

オムツ交換

ベッド上での紙おむつ使用の介護の手順やポイントを介護職員視点で体験学習

 

入浴の介護

入浴介助の手順やポイントを介護職員視点で体験

利用者様の体験

内容例

入浴拒否

「お風呂に入りたくない」という認知症の利用者様の感じているかもしれない世界を介護職員、利用者様両方の視点で体験学習

活用場面

自主
トレーニング

苦手な部分をひとりで予習復習

1対1

言葉で伝えづらいところをVRで説明

集合研修

同じ質の授業を複数の生徒に

集合研修機能

GuruVR Multi Seminarは、
講師用タブレットと複数のVRゴーグルを使用した
1対多の集合研修を実現する
VRソリューションです。
同時再生、一時停止、巻き戻し・早送り、
書き込みなどさまざまな機能があり、
短時間で効果的な集合研修を
行うことが可能になります。

簡単セッティング

誰でも簡単に
セッティングが可能

ゴーグルやタブレットを同じWi-Fiに接続し、アプリを立ち上げるだけで完了します。

ハイエンドPCやコードに
つなぐ必要なし

充電を行えばコードレスで使用することができ、どこへでも持ち運ぶことが可能です。